「シトルリン単体」サプリなら、何と飲み合わせても問題になることはないと思います。

こんばんは、ダイスケです。

 

 

僕の運営するホームページに「シトルリンサプリ 悪い飲み合わせ」と検索してこられた方がいらっしゃいます。

 

 

今日はこれについて書いていきます。

 

 

サプリの飲み合わせイメージ

 

 

まずシトルリンサプリは、「シトルリン単体」または、シトルリンを主として、アルギニンと組み合わせてあるサプリがありますが、それなら何と飲み合わせても問題ないと思いますね

 

 

シトルリンは何かの成分と体内で反応を起こし、毒性のある物質になるとか、代謝活動を邪魔するとか、そのようなことが一切ありません。

 

 

たとえば、「DHCのシトルリン」なんかと、何か別のサプリを飲み合わせても、特に問題はないでしょう。

 

 

「DHCのシトルリン」

 

 

DHCのシトルリンは、原材料にシトルリンとアルギニンの他は、サプリ形成のための材料しか使っていませんので。

 

 

シトルリンがなぜ昔医薬品扱いだったのか。なぜ一般食品素材として解禁されたのか。

 

シトルリン自体がなぜ昔医薬品扱いだったのか、という検索がありましたが、シトルリンは、いまでも欧州では医師によって処方されるようなものです。

 

 

シトルリンは血液の循環を穏やかに引き上げる作用が医療に活用されるわけですが、その作用はたくさん飲んだところで、副作用的な問題が起こるほどでもありません。

 

 

しかし作用している時間は一度飲むと2~3時間は緩やかに続くことで、毎日飲むと次第に体調が改善されることが実感する人が多い、比較的実感力の高い成分なのです。

 

 

なので、特に副作用的なものがあるわけでもなく、医薬品として使用法をかなり注意しなくてはならないわけでもない成分なわけですが、欧州などが医療に活用していることから、日本でも慎重に医薬品成分にされていたのではないかなと推測されます。(これ、あくまで推測です。なぜシトルリンが医薬品成分だったのかなどと解説しているような公的な資料はあまりませんので…(^▽^;))

 

 

ですが、シトルリンはやはり医薬品扱いとしておくには無理があったのでしょう。

 

 

シトルリンが医薬品扱いでなくなったのは2006年なわけですが、この頃は、特に小泉内閣が積極的に始めた「規制緩和」の流れがまだ続いていたときですよね。

 

 

この規制緩和の流れは、いろんなところに波及したので、おそらく、シトルリンもその流れに乗ったのではないかな…と憶測しています。(これもあくまで憶測です。)

 

 

ただ、規制緩和も良い影響もあれば、悪い影響もあるわけで。

 

 

精力剤業界はシトルリンを誇大広告に利用したといえると思います…(;´Д`)

 

 

そのような無茶なことが各所で目立ったのだと思います。、現代では薬事法がものすごく厳しくなっています。

 

 

何のためのサプリなんか、はっきりとは書いていないものが多いですよね。

 

 

このサプリなんてそうですよね。

 

 

「ベクノールEX」

 

 

商品名クリックしてみてください。広告サイトに飛びますが、広告サイト見ても、いまいち何に使うサプリなのかピンとこないでしょ?

 

 

もともと増大サプリでそれなりにわかる表現だったんですけどね…

 

 

これはお上からの突っ込みが異常なくらい厳しく、恐れていることを示しています。

 

 

売れることよりも、守ることを重視した典型です…

 

 

ホント、日本っておかしいんですよね。

 

 

たとえば、「止まれ」の標識が見にくいところでわざと白バイが待機して捕まえたりですね。

 

 

違反したことよりも「止まれ」の標識が見にくいことが問題なんですよ、まずは。

 

 

そういう矛盾したところがあるんですよ、この国のお上は。

 

 

広告の隅を突っついて行政指導するよりも、先に「出会い系詐欺」「ワンクリック詐欺」みたいのが今でもあふれているんだから、そういうの何とかしろよ、と個人的には思います。

 

 

まあ、ちょっと脱線しましたがね…

 

 

シトルリン自体は特に使い方を慎重にしなくてはならないような成分ではないのですね。

 

 

もちろん、用法は守るべきですけどね。

 

 

一度に1つの成分を多量に摂ることは、どんなものでも良くないです。

 

 

でもまあ、何か単体で何か起こるかと言えば、起こらないですね。

 

 

DHCのシトルリン、3日分飲んだからってなんも起こらなかったもん(;´∀`)

 

 

「シトルリンを入れている」だけの多成分サプリ、しかも同じ用途のサプリ同士の飲み合わせは避けましょう。

 

ただ、「シトルリンサプリ」で飲み合わせてはよくないものがありますよ。

 

 

それは「シトルリンを入れている」だけの多成分サプリ同士です。しかも同じ用途の、です。

 

 

増大サプリをはじめとした精力サプリや、頻尿を緩和する目的のサプリや、むくみ対策のサプリなんかにシトルリンはよく入りますけどね。

 

 

シトルリンが入っているというだけで、それはもはやシトルリンサプリではありません。

 

 

精力剤系のサプリはシトルリン量の多さがひとつの売りになっていることがありますけども、精力剤はシトルリンのみでは精力剤としての価値はありません。

 

 

多成分です。そのシトルリン以外に入っている成分のほうにあまりたくさん摂り過ぎないほうがよいものがある場合があります。

 

 

亜鉛とかね。カリウムとかね。鉄とかね。…

 

 

そのような「シトルリンが入った多成分サプリ同士の飲み合わせ」が、シトルリンの総量ではなくって、他の総量を気にすべき成分の総量に問題がある場合があるかもしれません。

 

 

しかし、増大サプリなんかは、あまりにもシトルリン量を広告で推すがために、それを見た人がシトルリンだけのサプリだと勘違いする節がいまだに多い気がします…(;´Д`)

 

 

いや、それはシトルリンサプリではないんですよ。

 

 

「シトルリンも入った総合サプリ」なんです。

 

 

総合サプリ同士の飲み合わせは、1日、2日くらいでは何ともならないですが…例えば増大サプリ同士の飲み合わせは避けたほうがいいでしょう。

 

 

すでに増大サプリとしては1日の推奨量をオーバーしていますし、それが長期間続くと、何か起こるかということは、メーカーも全く検証できていないと思います。

 

 

そのようなメーカーが想定しないようなことはすべきではありません。

 

 

だれも健康の保証をしてくれませんよ。勝手にやったことは…

 

 

ただ、用途が違う同士のサプリ、増大サプリとむくみ対策のサプリみたいな飲み合わせはほとんど成分が被りませんから問題にはならないと思います。

 

 

被るのがシトルリンやアルギニンぐらいなら問題ないですね。まずは。

 

 

それで体調が不調になったのなら、そもそもサプリを飲んでいい状態だったのか、ということがあるので、たとえば特定の強い薬を常用してるとかね。

 

 

そういう特別なことがある人は、そもそもかかりつけの医師に相談すべきですね。何かを始める前に(^_^.)

グレーの枠内の星評価についてはこちらのページで解説しています。

当サイトお勧めの増大サプリ一覧へは下のバナーをクリックしてください!↓↓↓↓↓
ホームへ

 

シトルリンサプリと飲み合わせてはいけないサプリは何ですか?関連ページ

シトルリンとマカどっちがいいの?
シトルリンとマカ、強いて言えばマカのほうが勝っています。そもそもシトルリンは単なるアミノ酸の1成分。マカは様々な成分から成っている野菜なので比べるものではありません。
シトルリンとアルコールを飲み合わせて大丈夫?
「シトルリン アルコール」という組合せで検索してきた人がいます。 お酒とシトルリンを飲み合わせて、体に悪くはない?ってことを訊きたいのか、お酒と一緒に飲んでも効き目があるかっていうことが訊きたいのかどっちなんでしょうね。
L-シトルリンとL-トリプトファン
L‐シトルリンとL-トリプトファンは相乗効果があるとかよく言われてます。L‐トリプトファンがどんな役割をもって、L‐シトルリンと関係しているかを書いています。
シトルリンとリジンとの組合せで勃起力は増すのか
「リジン シトルリン 勃起力」というキーワードで訪問されてきた方がいらっしゃいます。 シトルリンとリジンの組合せで勃起力は増すのでしょうか。
亜鉛とシトルリンでペニスが大きくなるの?
当サイトに「亜鉛とシトルリン ペニス」という検索フレーズがありましたので、これについて答えて みたいと思います。
シトルリンが入った増大サプリの組み合わせについて
シトルリンが入った増大サプリメントは何と何を組み合わせれば効果的かということは、ペニスを増大させたいと思っている人たちはけっこう気にしているようです。でも組み合わせて満足いく結果が出やすくなるとも思えません。
シトルリンと牡蠣の組み合せで増大する?
僕のこのホームページに「シトルリン 牡蠣」という検索フレーズで訪問された方がいらっしゃいます。このぺ―ジではそれについて書いていこうかと思います。
精力剤と「シトルリン2000」を併用したら勃起や増大に効果があるのでは?
僕の運営するホームページに「精力剤とシトルリン2000の併用」という検索で何度か来られた方がいらっしゃるので、これについて考えていきたいと思います。