L-ってそもそも何なの?

Lって何?

増大サプリメントには原材料名に「L-シトルリン」とありますね。

 

 

そのほかにも、L-トリプトファンとか、L-ロイシンとか、Lがつく成分は多いです。

 

 

このL-ってなんでしょう。

 

 

重要なんでしょうか。

 

 

人間の体を構成しているアミノ酸成分っていうのは、20種類あります。

 

 

シトルリンは体に作用するアミノ酸ですが、体を構成しているアミノ酸ではないです。

 

 

たんぱく質の一部に一部にはなっていませんが、尿素回路を正常化している重要なアミノ酸なんですね。

 

 

アミノ酸はL型とD型というものに分かれています。

 

 

このうち、D型は人の体で働くアミノ酸ではありません。

 

 

人の体で働くアミノ酸は全部L型です。

 

 

サプリメントでアミノ酸を摂る際はL型を摂らないと意味がないということになります。

 

 

もちろん、いろいろな食品からアミノ酸は摂れますし、その中でL型のアミノ酸だけが人の体内で働くということになります。

 

 

L‐って製品に書いてあれば安心。

 

精錬が良くない外国産のサプリメントなどは、L型、D型に分けていないアミノ酸成分が入っているものがあるようです。

 

 

たとえばシトルリンは入っているのにL型、D型両方入っているので、L型の分量が十分でなく、記載通りの効能が得られないということもあるようです。

 

 

L- がついていれば、きちんと洗練されていて、品質の良いサプリメントということになりますが、基本的に国産であれば、アミノ酸はすべてL型。

 

 

しっかり体で働くものが入っていると思ってよいでしょう。

 

 

ちなみに、精力剤でよく見るでしょう、「D-リボース」のDって、D型って意味じゃないですよ。

 

 

人のカラダの細胞内に存在する単糖類の一つで、エネルギーになるものです。

 

 

アミノ酸じゃないですからね。

 

 

単なる、成分名の中の1文字です。

 

 

脳に糖がいくと、脳がエネルギーとして活用して、副交感神経が活発になるんですね。

 

 

悪い、粗い糖分、白砂糖みたいな「スクロース」っていう強い糖は、血糖値を急激に上昇させるので、体に良くないんですが、D-リボースのような良い糖もあるんです。

 

 

糖は細胞増殖にも絶対に必要になるので、まず増大サプリにも入るのですが、麦芽から取り出した、カロリーのほとんどない「麦芽糖水飴」が良く使われます。

グレーの枠内の星評価についてはこちらのページで解説しています。

当サイトお勧めの増大サプリ一覧へは下のバナーをクリックしてください!↓↓↓↓↓
ホームへ